新潟農家から美味しい新米をお届けしています

  作物は正直ものです。

   同じ野菜でもスーパーのものとは味が違う。

思うこと

冬の直売施設

夏には軽トラックの荷台にいっぱいのメロンを収穫し、お客様と直接顔を会わせて試食をして頂き、お口に合ったものを納得して購入していただくメロン屋さんのようになり、冬には白いビニールハウスで今さっき採ったばかりの新鮮な野菜を直売しています。お客様の口コミおかげで地域で知られてきたナッパ屋さんになってきました。。
天気の良い日は奥様方がとなり町からウォーキングがてらに。また、少し離れた市町村からドライブがてらに、と買いに来ていただいています。お客様が隣近所にナッパを配ったら自分の家で食べるものがなくなったから、と言って1日に何度も来られる方、それをもらった隣近所の方がその新鮮さ、味に驚いて急いで買いに来られるお客様。人に喜ばれるものを作っている自分たちは幸せ者だと感じています。

グリーンフィールド岩野の野菜

エコファーマー認定証

夏のメロン、スイカ、とうもろこし、冬の小松菜、オータムポエム(アスパラ菜)、かぶ、ブロッコリー。そのすべてが新鮮で味も甘みも、近所の先輩お百姓さんも目を丸くするほどのお墨付きです。

畑に適した土質で、たっぷりのもみヌカ入り有機質たい肥を使い、元気に育てています。

グリーンフィールド岩野の小松菜、オータムポエム、メロンは新潟県のエコファーマー認定を受けております。
エコファーマーとは持続性の農業生産方式の導入をめざす農業者をあらわしています。それについての導入計画を策定し、県知事の認定を受けた農業者です。持続性の高い農業生産方式とは、「土づくり技術」、「化学肥料使用の低減」、「科学農薬使用の低減技術」を一体的に行う生産方式のことです。それ以外の作物ももちろん減農薬、減化学肥料を心がけております。

そのおいしさを実感してみてください。たまげます。

作物は正直者

この寒さが野菜をさらに甘くします

 野菜や稲も我々と同じ生き物です。面倒を見てやれば見てやってだけの作物に育ちます。しかし過保護に育てれば病気、虫にも負ける軟弱ものにもなります。例えば冬のハウス野菜など。新潟は雪国なので夜は特に冷え込みます。野菜が凍って縮こまらないか、寒すぎて大きくならないのではとビニールハウスの窓を閉め切っておくと、陽が少し射し始めた時、ハウス内温度がすぐに上昇しに葉が淀んだり、虫がついたりします。日々の管理はしっかりしていかなければなりませんが、甘やかしすぎは野菜にも禁物なのです。冬の寒さの中でゆっくりじっくりと育っていくと、夏には作れないような柔らかさと甘みを持ったナッパに育ちます。

私たちも作物を作って何年にもなりますが、失敗することもあります。それはその年の気候にも左右されますが、人間の事情にも大きな関わりがあると考えています。例えばある時期に収穫したいという希望があって、しかしなかなか大きくならず育たないとき。たいていビニールハウスであれば窓を閉めて室内の気温を調整したり。また、たくさん収穫したいがために肥料をたくさんやりすぎ作物によってはツルボケをしたり。作物は生き物。不自然な環境に置かれれば、いいものはなかなか収穫はできません。私たちはできる限り不自然な環境で作物を作らないように心がけています。



グリーンフィールド岩野の野菜のショッピングはこちら