新潟農家から美味しい新米をお届けしています

  冬の田んぼ道

   きびしい冬があるから、楽しみもある。

グリーンフィールド岩野があるところ

地域の子ども達の田植え体験協力
地域の子ども達の田植え体験

暖冬小雪(だんとうしょうせつ)と云えども長岡の冬は長く厳しいです。毎年たいていは12月辺りから雪が降り始め、3月くらいまでの4ヶ月間、つまり一年の3分の1が一面、銀世界となります。夏は関東地方に比べ、非常に蒸し暑いです。新幹線で東京から長岡に来て駅を出た瞬間にわかります。しかしお盆を過ぎたころ、夜はとても涼しくなって私たちは眠りに付きやすくなります。稲にとっても一緒で夜間の気温が高いと、稲の呼吸が盛んになり、昼間に光合成で作ったブドウ糖を消費してしまいます。昼間は熱く、夜間は涼しいという天候が理想的なのです。冬の雪の下で土が稲ワラや有機質入りたい肥をじっくりと分解し、ミネラルたっぷりの雪解け水、そして昼夜の寒暖差などの自然から大きな力を借りて、新潟のこしひかりが甘く、粘りとツヤがあり、冷めてもおいしいというお米になります。新潟産こしひかりのおいしさの理由はそこにあるのです。

おいしい日本酒と大花火大会、ホタルの舞う故郷

冬、田んぼは一面、まっ白になります。

当社のある岩野地域は平成17年度までは越路町岩野でした。その後市町村合併をし長岡市岩野となりました。新潟県のまんなかの辺りに位置する長岡市は、信濃川が市の中心を流れています。市の南側にある旧越路地域の冬は、雪がたくさん降ります。1日で数十センチも積もることもしばしば。初夏はきれいな水と空気でしか育たないホタルの住む町づくりに励んでいます。
淡麗辛口の久保田で知られている日本酒の「 朝日酒造 」、お煎餅の「 岩塚製菓 」、全国から参拝者が来られる商売の神様の神社「 宝徳稲荷大社 」があり、テニスラケットなどのスポーツ用品で知られている「 ヨネックス 」創業の地(現在でも大きな工場があります)でもあります。歌手の「 三波春夫 」さんの出身地でもあります。
何といっても、長岡市の夏は三尺玉花火の「 長岡まつり大花火大会 」でも有名です。

ホタル以外にも・・・

岩野地域で撮影した動物たちです

私たちがお米を作っている地域にはホタル以外にも、いろんな動物がいます。春先、民家近くの林を棲みかにする、「ケーン、ケーン」と響く声で鳴くキジ。 夏、大好きなトウモロコシをねらって、夜やってくるタヌキ。(彼らはこのサイトの「ごはん仲間」のご紹介リンクのイラストに描いた2種類の動物たちです。)そして民家近くの林の中に潜んで夜中「ホーウ、ホーウ」と鳴いているフクロウ。小さな川の上をすばやく飛び回っている、地域の人もあまり気付いていない青い鳥、カワセミ。冬は私たちの作っている雪のとけ始めた田んぼに群れをなして白鳥たちが餌を探して舞い降りてきます。最近では口先のとがったタヌキのようなハクビシンなども出てきて、他にもまだまだ生き物はいそうです。そんな、にぎやかな動物たちのいる緑や川のある地域で私たちは農業を営んでおります。

会社概要



 社名  有限会社 グリーンフィールド岩野
 所在地  新潟県長岡市岩野1728
 設立  平成13年4月1日
 主な事業内容  水稲・転作大豆・野菜類の栽培、販売
 田んぼの土づくりなど地域と共同作業
 構成員  代表取締役社長   丸山 和一
         専務   丸山 芳夫
       正社員       3名
       パート     若干名
 経営面積
 水稲                   約40ha
 転作大豆作付面積          約15ha(うち約10haが自社)
 ハウス栽培    小松菜      約0.1ha
            オータムポエム 約0.03ha
            ブロッコリー   約0.03ha
            メロン       約0.03ha
 露地栽培
            さつまいも    約0.02ha
            じゃがいも    約0.01ha
            とうもろこし    約0.01ha
 その他
 施設  育苗パイプハウス    7棟(2520u)
 パイプハウス機械倉庫 1棟(216u)
 機械  トラクター     50馬力、55馬力、65馬力×2台、85馬力
 コンバイン    32馬力(3条刈)、98馬力(6条刈)
 汎用コンバイン 85馬力
 田植機      8条植
 その他



グリーンフィールド岩野のお米のショッピングはこちら